伝え方のノウハウ

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(227)

エピローグ:納め後口上

 言い残したことがございます。 
   私の「プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウ」を際立たせているものは、
他の人にない“華がある!”ということでしょう。
  私をよく観察され研究されていた神戸のK社長さんから、それをしみじみ指摘されて、
私自身も“なるほど!”と気づかされた特性であり、強みでした。
 ノウハウを超えた“そなわり:資質”ということでしょう。
 ではそれはどこから?✞神から授かったお恵みと感謝しています。
ですので、次は違う大テーマで、あなた様とまたお会いいたしましょう。
  末筆ではございますが、あなた様の一層のご健勝とご活躍を心より祈念申し上げます。
  (下は、'14/3/30  カトリック夙川教会での講演:「国際的に見たキリシタン大名高山右近の偉業」)
 華輝く
    
  

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(226)

エピローグ:収め前口上
  

   GWも明けて一区切りでございます。                                             
   各位におかれましてもご健勝のことと存じます。
                  ああこれが最後 
     さて、このブログも1年超で200号を超えることに
 なりま した。
    その間、ご熱心にお読み頂き、かつ、真摯なコメントや
   ご質問、  お励ましを賜り、有難く厚く御礼申し上げます。
   雑駁な「ノウハウ公開」ではございましたが、幾分かでも、
   伝え方のヒントになり、ご参考に寄与できたならば幸いで
 ございます。
     願わくば、プレゼンをなさる際や若き士業の方々に
 このご笑覧をお奨め賜れば、
なによりの本望でございます。
                        
   

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(223)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Do編】
 Q-3 問題点や反省点はたくさんあるようですが、他には?
 
A-4 コンサルの“失言”は、命取り?!
      コンサルと契約する経営者には、“2つの姿勢”が伺えます。
     1つは、“雇う費用”、2つは、“授業料”という考え方でしょうか?
       経験的に感ずるのは、「雇ったコンサル」という認識をお持ち
     の経営者との間に問題が発生したとおもいます。
      私の発言に対して“雇ったお前から言われたくないよ・・・”と、
     受け取られてしまった事例がそれです。
      ある造園業大手の幹部会で、営業戦力アップを議論した際、
     
社長から、「うちの女の子を減らして若手を増やす云々」とあり、
     “女の子”が繰り返されました。 
                    
     私:「“女の子”と繰り返されますが、御社の女子スタッフは30歳
       前後のベテラン揃いでしょ。そういう“子供扱い”の認識では
       持てる能力を生かせない、戦力アップにならないでしょ。」
     社長:「わしから見たら“子供”や。あんたに言われたくない!」
       ・・・ということで、その後のご支援は中断したのです。
      “人を見て法を説け”なかった結果ですかね?       

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(222)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Do編】
 Q-3 問題点や反省点はたくさんあるようですが、他には?
 
A-3 “コンサルの疲れた風情は、命取り”?!
     
 企業経営者が、コンサルを依頼するのは、多かれ少なかれ、
     自社を元気にしてほしいからでしょ。だから、風邪引きだとか、
     弱弱しい風情のコンサルタントに、お願いしますとは言わない。
     「私らより御身ご自愛ください」といわれたコンサルもいますよ。
       私は、かなりご好評を頂き、各方面にお手伝いしますが、
     あまり輻輳してきて、寝不足・疲労過多になり、問題を起こ
     したことがあります。
      ある商工会議所に招かれてセミナーをさせて頂いた時です。
     熱も入り参加者の納得顔もみえ、かなり進んで、
白板に板書き
     しようとした瞬間、私のアタマが真っ白!
      ペンを持ったまま、一瞬白板の前で眠ったのでしょうね。 
     司会者が耳元で「相当お疲れのようですね。休憩しましょうか?」
     と囁かれて、ハッと目を覚ましたのです。その後シラケましたね。
      以来そこから、音沙汰は一切ありません。
    

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(219)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Plan編】
 Q-2 強み・弱みをきちんと見極めていないときの弊害は?
 
A-5 “他山の石”にしたい事例があります。
    
 8年ほど前、宝塚市が、旧温泉街に新温泉施設を造ることになり、
     関西出身で独力で建築家になって名を馳せているA氏に、ウン億円

            の設計料(市民の税金)を払って依頼し出来上がりました。
       「ナチュールスパ宝塚」です。
     得意のコンクリート打ちっぱなしで、まるで物流倉庫まがいの外観。

     武庫川沿いなのに陰気で、洗い場は使いにくく、サウナもない。
     「風呂場を知らない人の設計」と悪評さんざん。

      ですから市民からそっぽ向かれ、半年して倒産。あと継いだ
     事業体も1年で閉館。いま3代目で細々と営業しています。
       有名だから何でもOKとはいかない。都市づくりとか 美術館とかの
     大施設には強みでも、こうした小物には弱みですから
手を付ける
     べきではなかったのでしょう。(※右手対岸には、ワシントンホテル)

      
ナチュールスパ


 
ギャラリー
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(227)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(226)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(220)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(219)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(217)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(214)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(213)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(212)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(211