ビジネス研修・講演・プレゼンの繁盛ノウハウを公開(2)

【はじめに】

『ビジネス研修・講演・プレゼン繁盛の基本原理』 

・ビジネスにおける繁盛への道は、限りなく存在しています。
 どの原理を使うか、時・場所・環境(TPO)によって選択肢を変化させていることでしょう。

・私は、繁盛を実現させている体験を通じて、自信を持って下記の「アミックのマネジメント・サイクル」を
 徹底導入することをお薦めしています。
 
 60年前わが国に導入された“マネジメント・サイクル:PDCA”は、作れば何でも売れた時代の
 考え方であり、手法でした。

 今でもそれは多くの職場で使われていますが、上手く回っていないのが実情です。
 なぜ? 初めにある「Plan:方針を立てよ」といわれても、どこを拠り所とするかが明確でないからです。

・「アミックのマネジメント・サイクル」の特長は、

  ①「Plan」を考える基盤を明確にすることです。
 
  ②それは「Roman」から始まり、「Vision」「Check」によって、絞り込む「Plan」を定めます。
 
  ③その各工程に、“管理のカギ”と称する「5W2H」を掛け合わせることを必須としています。
 
 こうすることで、マネジメント・仕事は、円滑に進みます。各論の具体的事例の中で

・これはビジネス活動全般にわたって活用できる原理です。

・この度の「ビジネス研修・講演・プレゼンの繁盛塾」(以下繁盛塾)もこれを適応していますので、
 全体の構成も、個々の実践録も、この原理で構成しています。

≪アミックマネジメント・サイクル回す+管理カギ合わせる≫

  ・Roman     ロマン   (志、使命、理想、大風呂敷などを掲げる)   
           ↓
     ・ Vision  ヴィジョン (あるべき姿、X年先の展望図を描く)      ←「5W2H」を 
           ↓                                     掛け合わせる
    ・ Check  チェック   (それらが立ち向かう外部環境の調査・分析、   ← ↓
              ↓      自分の強弱を把握する)                 ↓
           ↓                                      ↓
     ・Plan    プラン    (その過程から抽出する基本方針を固める)   ← ↓
           ↓                                ↓
     ・Do     ドゥ     (その方針とおり実行する)             ←  ↓
           ↓                                      ↓
     ・Check   チェック   (実績を点検、分析、評価する)          ←  ↓
           ↓                                      ↓
      ・Action   アクション (反省点を把握し、次につなげる)         ← ↓
           ↓
        (新しいプランに至る)

・この原理をしっかりご認識頂いて、以下の各論に進みましょう。

ビジネス研修・講演・プレゼンの繁盛ノウハウを公開(1)

記念講演会1の2
03内池氏講演1






(経営コンサルタント集団 桑蓬会 
 研究例会300回記念講演会にて 01.12.3)


【ご挨拶】
はじめまして。中小企業診断士・(有)アミックコンサルタンツ代表の内池滋です。
今日からここに、30年にわたる企業支援活動から得られたビジネス研修
・講演などのノウハウの一端を、体系的・具体的・詳細に公開してまいります。
 お気軽にご参加くださいませ。

【採り上げた動機】
 いまでも自傷的に言われる“ものは付け”があります。
      「難関の中小企業診断士の資格と掛けて何と解く?」
      「足の裏についたご飯つぶと解く!」
      その心は?「取っても食えない!」

 これは笑いことではありませんね。折角優秀な才知をお持ちなのに、上手に正しく伝えられていない
ために、資格の価値ほどの報酬が得られていない方々を多く見受けます。残念なことです。

 私なりに気づいた都度アドバイスしてきましたが、私の「コンサル30年の節目」に、私なりの実践録を
全面的にご披露して、お役に立てられば幸いと思った次第です。

【自己紹介】
・東京築地生まれ、浅草育ち。現在兵庫県宝塚市に事務所を構えています。
・キャリアは、(株)ノーリツで人事・営業・海外開拓・経営企画などで28年間
 勤め、中小企業診断士の資格を取得後、独立依願退職。
・米国州立ワシントン大学Adoministration Shool修了。経営コンサルのポイントを掴む。
・帰国後(有)アミックコンサルタンツを設立し、企業支援活動を展開し現在に至る。
・診断士同期生などと「経営コンサルタント集団 桑蓬会」を結成。研究例会300回超継続中。

【弊社のミッション】:「人々に希望を 企業に元気を 地域に活気を」

【専門分野】
 1.人材育成支援 
    例:中小企業大学校にて「経営後継者講座」「マーケティング・営業戦略講座」など10年
     例:大阪ガス(株)人材開発センターにてマネジメント研修主任講師のべ8年
 2.企業再生支援 
    例:兵庫県再生支援協議会サブマネジャーで35社の「事業再生計画」策定
 3.創業者支援
    例:中企大や各地会議所など公的機関にて、経営戦略・営業戦略等
 4.国際理解支援 
    例:(特)宝塚市国際交流協会講座委員で、各国講演会企画・演出・デザイン

【想定している大目次】

はじめに  ビジネス研修・講演繁盛の原理  (以下小見出し省略)

Roman  第1章 基本理念・立ち位置編

Vision   第2章 あるべき姿編

Check      第3章 事前調査・分析編

Plan   第4章  方針・テキスト等かため編

Do    第5章  本番・現場編

Do    第6章  形態別演出編

Check  第7章  チェック・フォローアップ編

Action      第8章  私はこれで失敗しました編

・・・以上により逐次書き込んでまいります。
宜しくお願い申し上げます。











 



 
ギャラリー
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(227)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(226)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(220)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(219)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(217)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(214)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(213)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(212)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(211