プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(221)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Do編】
 Q-3 問題点や反省点はたくさんあるようですが、他には?
 
A-2 “コンサルは、風邪を引いたら命取り”
     
 サラリーマン時代は、年に何回か風邪で会社を欠勤しましたが、
      独立してからは、ほとんどそれを経験しないものですね。
       “張りがある”“自責の念が強い”からでしょう。
      それでも初期には、流感でないにしても、体の芯に風邪を持つ
      微熱状態(私はこれに弱い)になった時は悲劇でした。
       ある中堅企業と約束が出来、お手伝いでお伺いする朝、微熱で
      したが、「吹き飛ばすぞ」と意気込んだものの、意識は朦朧として
      いので、JR急行の上下線を誤って、反対方向に飛び乗ってしまっ
      たのです。
       ほっと一息ついて、過ちに気づき連絡したものの、引き返して
      たどり着けたとしても、開会にかなり遅れ幹部諸君を待たせてて
      しまうわけです。
      先方社長電話で「このご依頼は無かったことにしましょう」ジャン!
       

  

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(220)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Do編】
 Q-3 Do編になりましたが、問題点や反省点は少ないでしょ?
 
A-1 とんでもありません。“掃いて捨てるほど”あります。
      
まず、ご依頼を承ったが、日程管理がずさんだったので、
     ダブル・ブッキングになり、相手様に大変ご迷惑をお掛けしたこと。 
      いまのようにケイタイやIpadなど手軽にインプットする方法でなく、
     もっぱら『能率手帳』に書き入れていました。
手帳
     問題は『能率手帳』
の性でなく、
     ▲分かったつもりで書き入れなかった
     ▲手帳で確認してから、承っていない
     ▲書き込んだが、1日ずれていた
     ▲来月ではなく今月の水曜日だった
     ・・・などいい加減さは、中々直りま
     せんでした。
     (右図は、1988年の管理ぶり)

プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(219)

第12章≪支援活動における問題点・反省点≫【Plan編】
 Q-2 強み・弱みをきちんと見極めていないときの弊害は?
 
A-5 “他山の石”にしたい事例があります。
    
 8年ほど前、宝塚市が、旧温泉街に新温泉施設を造ることになり、
     関西出身で独力で建築家になって名を馳せているA氏に、ウン億円

            の設計料(市民の税金)を払って依頼し出来上がりました。
       「ナチュールスパ宝塚」です。
     得意のコンクリート打ちっぱなしで、まるで物流倉庫まがいの外観。

     武庫川沿いなのに陰気で、洗い場は使いにくく、サウナもない。
     「風呂場を知らない人の設計」と悪評さんざん。

      ですから市民からそっぽ向かれ、半年して倒産。あと継いだ
     事業体も1年で閉館。いま3代目で細々と営業しています。
       有名だから何でもOKとはいかない。都市づくりとか 美術館とかの
     大施設には強みでも、こうした小物には弱みですから
手を付ける
     べきではなかったのでしょう。(※右手対岸には、ワシントンホテル)

      
ナチュールスパ


 
ギャラリー
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(227)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(226)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(220)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(219)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(217)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(214)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(213)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(212)
  • プレゼン・講演・ビジネス研修の繁盛ノウハウの公開(211